海外旅行

10ヶ月の子供と韓国旅行したら大変だった話【要注意】

子供と一緒に旅ができる期間って案外限られてます。
我が子には色んな文化に触れて色んな体験をさせたいですよね。

今回は海外旅行好きなファミリーに向けた記事となってます。

正直10ヶ月の子供と行った韓国旅行めっちゃくちゃ大変でした。



とにかくこの記事で伝えたいのは、

韓国旅行に行くのは、
せいぜい子供が2歳くらいになってから!

※韓国への旅行自体オススメしないと言うわけではありません!

でもネットで調べると子連れなら近場がオススメってよく見るよ!

確かに多いね!でも”近い=楽”では無いよって事がきっとこの記事でわかるよ!

  • 子連れで韓国旅行に行く際の意外な盲点
  • その解決策

この2点がわかる記事となっています。

はじめに

大きくなるまで海外旅行は近場にして、遠い国はある程度大きくなったらだよね〜

多分海外旅行好きなファミリーはこんな発想になりがちだと思うんですが、
うちもまさにそんな感じで、
割と安易な感じで去年のゴールデンウィークに韓国に行きました。

その時の子供のスペックはざっくりこんな感じでした。

  • 0歳10ヶ月
  • 海外は2回目(5ヶ月時にハワイ)
  • まだつかまり立ち程度で自分で歩けない
  • 離乳食を食べるが寝る前などは粉ミルクを飲む

ちなみにハワイに行った時の記事がこちらになります。

生後5ヶ月の子供とハワイ旅行へ行った話【超オススメ】

続きを見る

韓国旅行がきつかった理由

それはずばり、

エレベーターがめちゃくちゃ少ないから。

どんな理由かと思ったらそんなことかー!言うほど無いってこともないでしょ?

3泊4日の旅行でしたがリアルにエレベーター乗ったのって空港とホテルだけでした(笑)

明洞のユニクロにはエレベーターあったけど何故かその日は検査中で乗れなかったよ・・・

フライトは確かに楽

成田からだと2時間40分くらいで着いてしまうので、

子供いても楽勝っしょ!(生後5ヶ月でハワイも行ったので余計に)

ってめちゃくちゃ余裕こいてました。
実際仁川(インチョン)国際空港に着いた時には、

もう着いたん? まじ秒なんですけど!

てな感じで意気揚々としてました。
フライト中は子供も寝てくれてたので本当何てことなかったです。

仁川から明洞へ

そんなこんなで仁川からホテルのある明洞(ミョンドン)までシャトルバスで向かいました。

時間的には1時間弱だったので、
奥義amazonプライムビデオのしまじろうで何とかぐずる事なく楽々攻略。
(ダウンロードは事前に済ませましょう)

ここまでは順調だったので晩飯の事で頭いっぱいでしたね。

降りて数秒で洗礼を浴びる事に・・・

僕たちが泊まったホテルって言うのが、
Googleマップ上で言うと明洞駅とは大通りを挟んだ反対側の所なんですね。

ちょっと見にくいですが赤いピンの右側にある斜めに伸びた少し太めの道路です。
一通ですがまぁまぁ大きい道路です。

まず、この大通り横断歩道がない!

ちょっと歩けばあったのかもしれないですが辺りを見回してもそんな気配もなく・・・
渋々地下通路をベビーカーとキャリーケース持ち上げ渡る事に。

ちなみに日本から大量のミルク(缶やパックに入っているやつ)
を持ってきてたのでキャリーケースは凄まじい重さに・・・(笑)

あらら・・・。

まだ粉ミルク飲む月齢だったからね・・・

そしてこの旅行中、ホテルからの出入りは全てこの地下通路を使う事に(涙)

子連れ韓国旅行で気をつけた方がいい事【ホテル編】

今回しんどかった理由の大半はエレベーター問題だったので、

まず、ホテルを決める時の立地は本当気を遣った方がいいです。

大通りを挟む場合地下通路でしか行き来できない可能性があるので、

そこを回避できるだけで体力の消耗がまじで全く違います!

当たり前っちゃ当たり前ですが、
普段エレベーターの有無なんて中々気にしないと思うので意外と盲点でした。

明洞はアクセスも良いですし買い物も楽しいので、
明洞を拠点にする方も多いと思いますが特に慎重に決めたい所ですね。

僕も前述の通り何回も韓国にはきた事ありましたが、
中々子供と旅行する事をちゃんとイメージするの難しい・・・

子連れ韓国旅行で気をつけた方がいい事【お土産編】

韓国といったら女性の方なんかは化粧品を大量に買う人も多いと思います。
日本と比べて安いものも多いらしくバラマキ用で嫁もたくさん購入してました。

この辺はある意味韓国旅行の醍醐味ですし、
それ目的で旅行に行かれる方も多いと思うのですが、
そこで一つ言わせてもらうと、

韓国お土産で韓国海苔を買うのは危険

韓国海苔も韓国の定番お土産ですよね。僕もめっちゃ好きで家にあったら一気食いしちゃいます。
なので僕も今回の旅行では爆買いしたんですが・・・

かさばりすぎて韓国海苔だけでキャリーケースがいっぱいに

化粧品もものによってはそれなりにかさばるので、
結局うちは若干収まらずキャリーケースを衝動買いしてしまいました(笑)

化粧品は韓国でしか買えないものも多いので買った方がいいと思うんですが、
韓国海苔って結構日本で普通に買えますよね。
買うのは全然いいと思うんですけど、
まじで必要最低限にしないと他のお土産買えなくなります。。。

地下鉄の駅も基本は階段

もちろん全部の駅にエレベーターが無いって事もないんですが、
基本的には階段オンリーです。
あんまりウロウロとエレベーター探して、
時間を浪費するのもそれはそれで面倒だし、

もう面倒だしこうなったらとことんベビーカー持ち上げたるわ!!

って謎なゾーンに入り、
「エレベーターを探す」
ではなく、
「ベビーカーを持ち上げる」を選択します。

駅だけじゃなくてお店も基本階段でしたね。
最初に行ったニューバランスも3〜4階建でしたが階段だけだし、
キッズは何故か最上階・・・

その結果2日目から筋肉痛

いやー、次の日すぐ筋肉痛が来るなんてまだまだ若い!

なんて言う冗談も言ってられない位しんどかったです。

韓国から帰った頃には心なしか腕周りがたくましくなってたもんね←気のせい

・・・

まとめ

ということで今回は、

子連れで韓国旅行に行く時の意外な落とし穴

について簡単にまとめてみました。

個人的にはまだお子様が小さいうちはビーチリゾートの方がいいと思います。
特にグアムなんかは国内旅行と同じくらいのハードルで行けると思います。

初海外旅行には何だかんだグアムが最高な件【子連れでも安心】

続きを見る

この旅行では主にこちらの4箇所を観光しました。
旅行自体はめちゃくちゃ楽しかったです。

  • 明洞
  • 南大門市場
  • 東大門
  • 景福宮

また詳しいオススメスポットについては別記事で取り上げたいと思います。

それでは最後までご覧頂きありがとうございました!

-海外旅行
-,

© 2020 さしろぐ